E-mail:info@kofu-rotary.gr.jp
甲府ロータリークラブ 第2620地区|HOMELINK会員専用ページ

2021~2022年度
会長 佐々木 宏 明

『温 故 知 新』
 シェカール・メータRI会長は、2021-2022年度RIテーマを「Serve to Change Lives 奉仕しよう、みんなの人生を豊かにするために」と発表しました。 「ロータリーはもっと行動するために、もっと成長する必要がある。奉仕とは、自分がこの地上に占める空間に対して支払う家賃である。そして、ロータリアンが奉仕し続けるのは、人々の人生を豊かにしたいという願いからである。」と説き、奉仕する時、誰かの人生だけでなく、自分の人生も豊かになるという思いを込めています。

このテーマの下、
・「Grow More もっと成長しよう」
・「Do More もっと行動しよう」
の2つの目標が掲げられました。

 第1の目標については「Each one Bring one」をスローガンに、会員数を増やして参加基盤を拡げる事を目指し、当地区の重点活動として小林ガバナーは、クラブの会員増強維持活動に加え、若い世代1グループ1クラブの創立を求めています。
 また、第2の目標については奉仕活動をこれまで以上にインパクトをもたらすものとする為、ロータリー奉仕デーを開催し、多くの一般人も巻き込んだ複数クラブの参画によるロータリー重点分野に関連した活動とする事に加え、SNSを含めたメディアでの周知を求めています。これは、これまで以上に非常にアグレッシブで意欲的な目標設定といえるでしょう。
 ただその一方で、極めて先行きが不透明なコロナ禍という現実があります。
 メータRI会長の期待に応える為には、克服すべき課題も多く、更なる飛躍の為にも足元を固めるべく、原点回帰の必要性を感じます。

 そこで、今年度のクラブテーマは「温故知新」としました。
 2021-2022年度においても、コロナ禍の行方は予測が困難と思われます。
 また、我々を取り巻く環境は大きく変化しつつあり、コロナ禍がその動きを加速化させており、混沌とした閉塞感がありますが、こうした時だからこそ、やみくもに前進するのではなく、ロータリークラブ発祥の理念の原点に立ち返った上で、現在、そして未来に意義あるロータリー活動と奉仕を考えるべきと考えます。
 新年度も自粛基調に大きな変化はないかもしれませんが、これまでの先人の努力により得られた知見を活用しつつ、また、メータRI会長のロータリーを前進させたいという思いにも意を用いて、コロナ禍の閉塞感を打破できる様な新しいクラブ運営の形を模索してゆきたいと思います。

 諸先輩が築きあげた甲府ロータリークラブの伝統と歴史を毀損する事なく、新たな時代のニーズの視点から、その内容や意義付けを再確認して、来たるべき時代にも受け入れられるものを目指したいと思います。

 最後に、甲府ロータリークラブが地区において、規模、歴史のいずれをとっても範たるべしとの自覚と責任を認識しつつ、楽しく、かつ有意義な一年となります様、クラブ運営に精進しますので、何卒宜しくお願いします。