E-mail:info@kofu-rotary.gr.jp
甲府ロータリークラブ 第2620地区|HOMELINK会員専用ページ

2018−2019年度
会長 梅本  実

『ともにロータリーを愉しみ未来に向けて行動しよう』
 バリー・ラシンRI会長は、2018-19年度テーマに「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)を掲げました。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」と訴えられました。
 またロータリーの新しいビジョン声明は「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」と謳っています。ラシン会長は、声明がめざすロータリーを実現するためにロータリーのすべての奉仕活動を、より大きなグローバルなシステムの一部としてとらえるよう呼びかけました。
 混沌と激動の時代の中で、地域社会においては一部企業を除いて未だ景気の好転を実感できない状況でありますが、ロータリーの存在意義をあらためて認識し私たちがなすべきこと、未来につなげてゆくことを考え地域社会に向けてインスピレーションとなる行動を考えていかねばならないと思います。
 私は「ともにロータリーを愉しみ未来に向けて行動しよう」を今年度の甲府ロータリークラブの標語とさせて頂きました。論語に「之を知る者は之を好む者に如かず。之を好む者は之を楽しむ者に如かず。」とも、「知るは楽しみなり」とも言いますが、もっとロータリーの事を知る事により、ロータリーライフをより愉しむ事ができるのではないかと考えます。具体的には、クラブ研修委員会による入会時や在籍2年未満の会員のオリエンテーションや、事業計画時の小委員会開催、家庭集会の開催等の小集団活動を活発化することにより、ロータリーをより深く知る事、会員の参加意識の向上を目指したいと思います。
 地区目標やロータリー賞(旧ロータリー会長賞)の達成に向けた活動を通じて、ロータリーの中核的価値である人道的奉仕に纏わる事業を地区補助金、グローバル補助金を活用して事業を行い、それらを様々なメディを通じて情報発信することにより公共イメージと認知度の向上に繋げたいと考えています。
 最後に、本年度は通年のクラブ事業の他に、第1グループ内輩出のガバナーによる地区大会のコ・ホストクラブとしての協力もあります。一つ一つの事業を確実に完遂し、甲府ロータリークラブの70周年に繋げて行きたいと思います。
 会員の皆様にはより一層のご協力とご支援を賜らねばなりません。どうぞ一年間宜しくお願い申し上げます。