E-mail:info@kofu-rotary.gr.jp
甲府ロータリークラブ 第2620地区|HOMELINK会員専用ページ
2020‒2021年度 会員負担金
1.RI人頭分担金     US$69/人・年
2.規定審議会年次賦課金  US$1/人・年
3.地区資金負担金     ¥21,000/人・年 ※35歳未満は半額
2020‒2021年度 地区運営方針
1.国際ロータリーとの連携の上にノーブレス・オブリージュを自覚
ロータリアンは「選ばれし者である」という誇りを持ち、奉仕活動は「選ばれし者の義務」である
2.クラブ主体の地域振興
3.地区内クラブ支援
4.増強は最大の社会貢献である
2020‒2021年度 地区目標
1.クラブ活性化ワークショップ(元気なクラブにするワークショップ)
①会員増強・維持
・ロータリアンはただの知人ではない。友人であり、仲間であり、同志である。
・ガバナー補佐が担当クラブの増強活動を把握支援し、各グループで純増3. 5%を目指し、地域をあげてロータリーを推進しよう
・各クラブで増強計画を作成しよう
②ロータリー公共イメージの向上
・ロータリーのビジョン声明をアピールしよう
・行動を中心とした奉仕を通じて「世界を変える行動人」キャンペーンを推進しよう
③ロータリー財団補助金の積極的活用と寄付への理解・推進
・地区補助金全クラブの活用、グローバル補助金の活用
・年次基金寄付US$150以上/人・年 【3年後のためにゼロクラブ ゼロ】
・ベネファクター【各クラブ1名以上】
・ポリオプラス基金への寄付US$3 0/人・年
・ロータリーカード(個人・法人・クラブ)加入推進
④ポリオ根絶を歴史の1ページに (ロータリーの対外的最優先事項)
・END POLIO NOWキャンペーンの継続実施(10月24日世界ポリオデー)

2.クラブは奉仕の母体-大きな課題は近隣クラブで協力しよう
・複数クラブによる合同奉仕事業(合同奉仕事業支援金)

3.地区セミナーと委員会・委員を積極的に活用しよう
・RLI(ロータリーリーダーシップ研究会)の運用活用
・地区委員をクラブ(卓話)にお招き下さい

4.米山記念奨学事業への参加と支援を通じてクラブを活性化しよう
・奨学生支援 【世話クラブ・カウンセラー引き受け】
・寄付推進 【¥16,000以上/人・年(普通¥4,000・特別寄付¥12,000)】

5.日本のロータリー100周年(2020年11月24日)を祝い、次への一歩に向けてRIと連携しよう
・RI戦略計画、新しいビジョン声明を踏まえ、クラブ戦略計画を作成しよう

6.IT活用の促進
・ガバナー月信電子配信
・ロータリークラブセントラルの活用(My Rotary全員登録)

7.米山梅吉記念館の利用と支援
・(公財)米山梅吉記念館 創立50周年事業寄付¥3,000/人・年(2019年-2021年まで3年間)